予防接種


ワクチンスケジュール

12か月まで  7歳まで 

和歌山県では広域での予防接種事業をやっております

当院でも橋本市・九度山町・高野山・紀ノ川市など

かつらぎ町以外の市町村の公費負担の予防接種が可能です

希望者は在住の市役所の担当課へ連絡の上当院へ御相談ください

 

ワクチン接種の注意点

ワクチンの中には抗生剤や安定剤が入っています。それらにアレルギーがある子がいますので、接種後30-45分は充分に観察してください。接種後、30-45分以内に起こるアレルギー反応はアナフィラキシーショックといって死亡することもあります。(当院では、接種後30分は待合室および車で待ってもらうようにしています)

 

生ワクチン:ウイルスを弱毒化し、体に感染させ抗体を作る。通常1回接種。

名前

任意接種(自費)

潜伏期間

副反応

MRワクチン

(麻疹・風疹混合)

 公費あり

7日〜10日

発熱・発疹(接種後7〜10日でほとんど発熱あり)

最低2ヶ月間の避妊が必要(成人女性)

BCG

 公費あり


ハンコ注射です 注射部位は1か月後腫れてきます

おたふく

(ムンプス)

3週間

髄膜炎(頭痛・発熱・おう吐)千人に1〜3人の頻度(自然感染では十人〜百人に1〜2人)

水痘

(みずぼうそう)

公費あり

2〜3週間

副反応ほとんどなし

MRワクチン(麻疹と風疹の混合ワクチン)公費あり

 I期:1歳時に接種

 II期:5歳(就学前)に接種

水痘ワクチン

 12か月から36か月(3歳)の間に2回接種します。通常は6か月あけて2回目を打ちます(最低3か月の間が必要)

ロタワクチン(1価と5価の2種類があります)自費 経口つまり飲むワクチンです

 副反応:下痢、服用後7日間以内に腸重精の発症リスクが上がります

 当院ではくすりの量が少なくかつ接種回数が2回で済むロタリックスを使用しています

 

 

 

不活化ワクチン:ウイルスや細菌の一部を集め、加熱やホルマリン処理し病原体の活力を失わせたもの。接種回数は複数回(スケジュールあり)

不活化ワクチンは次のワクチンまで1週間あけてください。

名前

任意接種(自費)

副反応

四種混合(破傷風

百日咳・ジフテリア・不活化ポリオ)

 

発赤・腫脹あり、回数が増えるごとにひ

なる傾向あり

二種混合

(破傷風・ジフテリア)

 

液状から沈降ワクチンに変更

日本脳炎

平成22年9月から再開されました 

ほとんど副反応なし

まれに脳脊髄炎(ADEM)あり 

インフルエンザ

卵アレルギーの人は注意

老人や小児は10月〜12月にうった方がよい

B型肝炎

母がキャリアーの場合新生児は無料

平成27年度から無料接種が始まる予定(0-12か月まで)


Hib

(アクトヒブ)

公費あり

生後2か月から接種可能

ヨーロッパ産の牛を原料にしている関係上、狂牛病のリスクが極めて低いが理論上ある

細菌性髄膜炎を予防するワクチン 生後5-6か月にかかることが多い

肺炎球菌

(プレベナー13)

公費あり

生後2か月から接種可能

 

細菌性髄膜炎を予防するワクチン 生後5-6か月にかかることが多い

 

 

 
























TOP